話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折りたたみヘッドボード付桐すのこベッド”シエスタ”
2009年12月03日 (木) | 編集 |
そろそろベッドを買い換えたいなと思っています。

なんかすのこベッドってのがいいってのをチラッと聞いたんで、いろいろ探してるんです。

で、今目を付けてるのがヘッドボード付桐すのこベッド”シエスタ”。

楽天のレビューを見ても評判がいいので、欲しいなって思ってるんです。


桐すのこベッド”シエスタ”の特徴


すのこってあまり聞きなれないですよね。でも、私たちの生活の中でも結構使われています。上の画像のように、板を隙間を開けて並べてあるやつです。何気にいろんなとこでよく見ませんか?

桐すのこベッド”シエスタ”はパイプベッドの床板にすのこを使っているんです。板同士に間が開いているので、通気性があって布団を清潔に保つことができます。

しかも、ヘッドボードというのが頭側に付いてます。宮付きベッドだと寝るときに必要な小物などを置いておけるなど、便利に使えそうです。折りたたみっていうのもポイント高いです。


ベッド下に約33.5cmの収納スペース


ベッド下のスペースも結構広いらしく、たくさん収納できそう。この収納スペースを重視している人も結構いるそうですよ。私も今のベッドは床下が狭くてものがほとんど入らないので、この点は結構大事かなって思ってます。

私の部屋もそうですが、一人暮らし場合、狭いワンルームって人も多いですよね。それだと場所もそんなに取れないので、少しでも部屋を広く使うためにもベッド下を有効に使えるってのはかなり重要ではないかと思います。

このスノコベッドは桐でできているそうで、桐には水を吸いにくい、キズがつきにくいなどの特徴があるそうです。

楽天でレビューを見てみると、すのこベッド、宮付き、ベッド下の収納スペースの条件でベッドを探している人が多かったですね。


なぜ、すのこベッドが人気なのか?


すのこベッドが人気な理由は、やっぱり清潔感でしょう。
わたし達が毎日つかってる布団って、思ってる以上に汚れています。人間が寝ている時に汗をかくってのはみなさんご存知だと思います。

その汗ってたいがい布団が吸収しているそうです。汗には塩分や皮脂などダニの栄養分がたっぷり。しかも体温で熱も吸収している布団は、ダニにとってとても住みやすい場所。

ようするに布団には、ダニが繁殖しやすい環境が整っているわけです。衛生面が心配ですよね。

なので、すのこベッドにすることで布団の風通しが良くなって、睡眠で出された汗も乾きやすく、熱も逃げやすくなるというわけ。

結果、快適な温度で快眠できるということですね。

私は、布団にダニが発生してどうやっても改善せず処分した経験があるので、余計にすのこベッドの必要性を感じています。

人生の3分の1は寝ているそうですから、それだけの時間共にする寝具にもやっぱりこだわっていきたいですね。


一人暮らしのインテリアにすのこベッド


すのこベッド”シエスタ”は、すっきりしたシンプルなデザインで、パイプも白で爽やかな感じなので、一人暮らしのインテリアとしても良さそうですね。

ワンルームだとベッドが結構な割合を占めますからね。


■材質:
本体/スチールパイプ
床板/桐材
ヘッドボード/MDF、PU塗装
■耐荷重:約80kg
■本体重量:約23kg

■商品外寸:幅990×奥行2285(最大時)×高さ705
■梱包サイズ:幅1100×奥行1080×高さ135
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。