話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊る大捜査線に新キャラ
2010年02月10日 (水) | 編集 |
ファン待望の映画、「踊る大捜査線3」の撮影が始まってるようですね。ぼくもすごい楽しみなんです。なかでも気になるのが、いかりや長介が演じていた「和久平八郎」という大きな存在が抜けた穴をどうするのかということ。和久さんが”踊る大捜査線”のドラマや映画に与えていた重厚感はハンパないですからね。

「日本のモーガン・フリーマン」とも言われていた、いかりやさんの後を引き継ぐとなったら、選ばれた人も大変なプレッシャーでしょう。なので、映画のパート3ではどういう人が入ってくるのか、とても楽しみなんです。

で、今回『踊る大捜査線 THE MOVIE 3』の登場する新キャラクターが発表されたようです。今回の作品で「強行犯係係長」に昇格した織田裕二扮する青島刑事の部下役として、伊藤淳史と内田有紀が登場。

内田有紀といえば、昔、本作品のスペシャルドラマ版で交通課新人警官として登場していましたね。内容は忘れてしまいましたが、青島のあこがれているというキャラクターだったようです。まったくの新キャラじゃなくて、過去に関わりのある人が入るというのが余計に楽しめそう。

そして、伊藤淳史。”気弱なキャラ”で真っ先に思い浮かぶのが彼。昔はチビノリダーでしたね。あのころは毎週みなさんのおかげです見てましたから、なんか親しみが沸いてくるというか。

その伊藤淳史も青島の部下。役名は”和久伸次郎”と。そう、和久平八郎、あの和久さんの甥っ子という設定だそうです。和久さんの形見だという「和久ノート」を常に持っていて、やる気満々の新人刑事だとか。なるほど、和久さんをこう絡ませてきたわけですね。ドラマを作っている人たちの”和久さん”への思いが伝わりますよね。”踊る”ファンの僕としても超楽しみな設定です。

もちろん主人公の織田裕二の活躍にも注目。今回はいわゆる中間管理職としての青島を演じるわけです。今までは割と自分の思うままに突っ走ってたとこはありましたが、部下ができたとなればそうはいかないですよね。

上司と部下に挟まれて、思うままに動きたい気持ちと部下の見本にならなければいけないという気持ちと、いろんな葛藤を抱えた新しい青島刑事が見られるかもしれませんね。マジで早く見たいです。

参考元:YAHOOニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100210-00000003-flix-movi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。