話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掛け捨て保険は損か
2010年02月15日 (月) | 編集 |
掛け捨て保険っていうのは一見なんだか損な印象を受けますね。養老保険のような満期がきたら保険金が支払われるタイプの方が得した気分になるような気もします。”掛け捨て”より”貯蓄性がある”ってほうが聞こえはいいですよね。保障もあって貯蓄性もある!ってことなんだかとてもお得感があるようにも思えます。実際はどうなんでしょう。

満期保険金があるということは、その分保険契約者が支払う保険料も高くなります。もし途中で急な出費が必要になり解約した場合、解約返戻金が支払われることになってますが、いままで支払った分が全部戻ってくるわけではないですよね。

保険会社を運営していくための必要経費だったり、その解約までの保険代であったりが差し引かれることになり、払い込んだ保険料より目減りしてしまうでしょう。契約期間が短いほど解約返戻金も少なくなるでしょうし、ほとんど戻ってこないこともあるかもしれません。

掛け捨ては満期保険金がない分、保険料も安くなります。その差額分を貯蓄しておくと、いざというときに融通が効きやすいかもしれません。掛け捨ては安心・保障を買うものだと割り切って利用すると、単純に”掛け捨て”は損ってことにはならないんじゃないかと思いますね。

となると保険は保険、貯蓄は貯蓄というように分けて考えるのも1つの手かもしれませんね。本当に必要なものはなにかをじっくり考え、1つ1つシンプルに選んでいくことが大事だと思います。

社会保険・年金のキモが2時間でわかる本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。