話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期金利の指標、10年長期国債
2010年03月31日 (水) | 編集 |
日本の長期金利の指標になるのは10年長期国債の利回りです。国債とは国がお金を借りるための借用証書。所得税や法人税などの歳入に対して、さまざまな社会福祉などを提供するために使う歳出が多ければ足りない分を国債を発行して補填します。といっても毎年20兆、30兆という莫大な金額を国債でまかなってる状態ですが。
そのおかげで国債残高、ようするに国の借金は増える一方。たしか対GDP比で200%を越えちゃったんですかね。恐ろしいです。

しかしこれだけたくさん国債を発行したら、国債価格が下がって長期金利が上昇しそうなもんですが、日本は民間の経済力がある分、それで買い支えてるから大丈夫なんですかね。

まあでも住宅ローンをしている人たちにしたらお金を借りやすい状況ではあるんでしょうけどね。金利が1%、2%上がっただけでもかなり負担が大きくなると言いますからね。

しかし民間にお金があるといっても、もちろん限度はあるわけで、今後どうなっていくのか心配ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。