話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生涯独身を貫いた坂本龍馬の婚約者・千葉さな子
2010年06月05日 (土) | 編集 |
坂本龍馬と婚約を交わしたとされているのが千葉さな子。千葉桶町道場の当主・千葉定吉の娘。兄に千葉重太郎がいます


龍馬は土佐から剣術修行として江戸の千葉道場に入門。そこで10代のころにすでに免許皆伝の腕に達していたというさな子に出会う。

北辰一刀流免許皆伝所持者で、その強さから「千葉の鬼小町」なんて呼ばれていたそうです。容姿は美貌だったようで、龍馬は乙女へのさな子を紹介している手紙に初恋相手とされる平井加尾よりもちょっと顔立ちがいい、みたいなことを書いていますね。

それで2人はお互い惹かれあっていたようで、千葉家も龍馬を認めて婚約関係を結んでいたそうです。千葉定吉は坂本家に手紙を送っていたそうですし、婚約のしるしに千葉家からは短刀を、龍馬は紋服を送っていたといいます。

しかし、龍馬は徳川体制の日本を変えるために奔走。その最中、志半ばで近江屋にて暗殺されます。

その知らせを聞いたさな子は周りに自分は龍馬の許嫁だったことを語っていたそうです。婚約の時にもらった紋服の袖も形見として大事に持っていたとも。

その後、独身を貫き59歳で生涯を終えています。

彼女の一途に龍馬を思っていたであろうその気持ちには心を打たれますね。

坂本龍馬 高知県立坂本龍馬記念館 オフィシャルDVD
坂本龍馬 高知県立坂本龍馬記念館 オフィシャルDVD
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。