話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資ファンドのトラブル相次ぐ
2010年06月08日 (火) | 編集 |
個人や企業から広くお金を集めてその資金で運用する「投資ファンド」。投資対象はさまざまですが、最近トラブルが相次いでいるようです。

「競馬ファンド」という出走馬に投資して配当するというファンドを運営している運営業者が金融商品取引法違反で1カ月の業務停止処分。また、南米のエクアドル沖で大航海時代に沈没したというスペイン船から金貨などを引き上げてその利益を配当するという東京都の発掘ファンドも2ヶ月の業務停止処分になってるようです。

世界的にも知られるポップアート作家・奈良美智氏の絵画を共同で買ってそれを転売して得た利益を配当するとうたった業者も同じく業務停止処分。

登録・届け出されたファンドは現在約4000社に上り、業務停止や登録取り消しの行政処分を受けた業者は11件にとどまるが、監視委関係者は「業者が多過ぎて検査が追いつかないのが現状」と指摘する。

登録業者だけでも多い上に、無登録の業者による被害も増えているそうです。

「良質な金融商品を育てる会」の永沢裕美子事務局長によると、だまされて訴えたとしても、相手が破産していれば投資したお金はほとんど取り戻せない場合も多いとか。

全体に比べればもちろん多くはないものの、登録業者でも不正をしている状態ということで、なかなか良質な「投資ファンド」を選ぶのは難しいみたいですね。

「投資ファンド」も、もちろん元本保証ではないし、プロであっても勝ちつづけられる保証もないですよね。自分で投資するのが、だまされないための対策としては一番いいのかもしれませんが。それにしてもあるところにはあるんですね、お金。。自分の周りにはぜんぜんそんな人いませんが。。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000026-mai-soci

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2010/06/14(月) 18:13:01 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。