話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街の法律家をもっと知る「もっと知りたい 行政書士の仕事」
2010年06月30日 (水) | 編集 |
「街の法律家」とも言われる行政書士。通信講座ユーキャンの人気講座ランキングでも「行政書士」はだいたい上位にいます。2010年6月29日現在、ランキング2位になってました。やっぱり人気高いです。

もっと知りたい 行政書士の仕事
もっと知りたい 行政書士の仕事

でもその割には、行政書士は実際どんな仕事をしてるのかを知らない人って多いそうです。ぼくもその一人です。。そんな行政書士の仕事内容をわかりやすく教えてくれるのが「もっと知りたい 行政書士の仕事」。まず女性と行政書士による対話形式で、仕事の内容を教えてくれます。

そして、4章では行政書士の仕事をよりイメージしやすくするため実務小説の形になっています。

行政書士の仕事のメインとなるのは、許認可業務ですが、他にも契約書や会計記帳、成年後見業務などなどとにかく業務の幅が広いのが特徴ですね。

業務の幅が広いだけに自分の得意分野を生かした業務をすることもできるといいます。金融に強ければ金融商品取引法関係、車好きなら運輸業務というように。

また、アイデア次第では新しい業務の開拓も可能だとか。

他にも独立する場合、事務所のスペースもとくに大きな所は必要なく、少ない資金で開業できるというメリットも。

とはいっても他の弁護士や司法書士などの国家資格と比べると事務所を軌道に乗せるのは難しいとも言われてるそうです。業務の幅が広いだけによりアイデアが求められるということでしょうか。

日本も裁判員制度が始まりましたし、日々の生活でも法律を意識する機会が増えてくるようにも思います。人々のニーズも時代によっていろいろ変わってきます。業務の範囲が広いということはそれだけさまざまな変化にも柔軟に対応できるということでもあります。

今後ますます行政書士が担う役割というのは大きくなっていきそうですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2010/07/04(日) 16:38:33 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。