話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しくみと現状を知る 農業業界大研究
2010年06月30日 (水) | 編集 |
「農業業界大研究会」は、日本の農業の現状や仕組み、他企業からの参入事例、今後のためのさまざまな取り組みなどが紹介されています。

農業業界大研究
農業業界大研究

農業に関しては、食料自給率の低さがもうずいぶん前から叫ばれている一方で、近年は農業に関する明るい話題もメディアを通して目にします。

そんな農業ブームもあって新規就農者数はわずかながら上向いてるそうですが、長期的にみれば全体の農業就業者はどんどん減ってます。農業就業者数がピークだった1960年の数字と比べてみると、その激減ぶりに驚き、そして危機感が募ります。

農業就農者の高齢化という問題もあります。

世界的に人口は爆発的に増えており、2050年には90億人になるとの予測も。食料の半分以上を輸入に頼ってる日本にとって、今の農業の現状を考えると今後がかなり心配になってきますよね。

食料の生産地から消費地までの距離を表す「フードマイレージ」というものがありますが、日本は他の先進国とかと比べても群を抜いてワースト1だそうです。輸送距離が長い分、環境にも悪いという考えですね。

その一方で、日本は廃棄してる食料も多いという矛盾も。

農業に直接関わっていなくても、命に直結する「食」という問題だけに、農業の現状を知っておくことはとても大事なことだと思いました。

そして、今の農業ブームを一過性のもので終わらせないようにみんなで農業について真剣に考えないといけませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。