話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「耳をすませば」に心癒される
2010年07月10日 (土) | 編集 |
もう何度も「耳をすませば」を観ていますが、やっぱり何度見ても飽きない。

というか今回初めて知りました、雫のお父さんの声優、立花隆さんだったんですね。「知の巨人」といわれるジャーナリストです。

でもあの声いいですよね。声のトーンもいいし、ちょっと棒読みっぽい感じがまた味がある。お母さん役をやってる室井滋さんとともにホッとする声です。

「耳をすませば」の素朴感は見るたびにいつも心洗われます。

図書カードでつながる恋なんてステキですよね。いつも自分より前に借りてる男の子「天沢聖司」。しかし、実は天沢聖司の方が雫を前から気になっていて、いつも先回りして借りていた。時を戻せるならこんなピュアな恋愛してみたいです。。なかったな~こんなまぶしい恋愛。。

個人的には聖司のおじいちゃんがとても魅力的ですきです。雫をやさしく包み込むあの雰囲気。

特にあのシーンが好きです。聖司と雫が「カントリーロード」を歌ってる時におじいちゃんたちも演奏に参加して
くるシーン。あのシーンはほんと見てるだけで幸せな気分になれます。楽器が弾けるおじいちゃんってのもカッコいいし。。

ジブリ作品はストレス社会で荒んだ心をリセットしてくれますね。もう定期的に見ないとダメな体になってるおかもしれない。。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。