話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食を考える 体を浄化する毒出し断食
2010年07月19日 (月) | 編集 |
断食による効果や目的別の断食方法をなどを紹介してる本。

体を浄化する毒出し断食 (主婦の友パワフルBOOKS)
体を浄化する毒出し断食 (主婦の友パワフルBOOKS)

著者自信数々の病気に苦しめられ、断食に出会ってから健康体を手に入れ、その他、視力の回復、精神強化、短時間睡眠などさまざまな効果を体験してこられたのだそうです。

ぼくは、もう3年ぐらい前になりますか、その頃から朝食だけ抜くといういわゆる”プチ断食”というのを今日までずっとやってます。朝食を抜くといっても、そのかわりににんじんジュースを飲みます。脳を活動させるために糖やミネラルとかを採りたいですからね。

医師で医学博士の石原結實先生の本でそれを知ったんです。朝はニンジンジュースとか生姜紅茶、昼はそば、夜は基本なんでもいいと。

毎日そばってのはなかなかできてないんですが、その分昼は軽めのものにしています。夜もなんでもいいといっても多少は栄養のバランスを考えて、魚や野菜、納豆とか和食中心ですね。どっちみち和食好きなので、思うように食べてるという感じかもしれませんけど。。

”プチ断食”なので、そこまで本格的じゃないものの、それでもこれだけ長く続けているとかなり効果を感じています。だいぶ体質が変わったという実感もあります。

「体を浄化する毒出し断食」の著者ほどではないですが、ぼくも原因の分からない不快な症状ってのがかなりありました。

頭痛の頻度がかなり多かったり、目がいつも痛いという感じだったり。目が痛いというのはほんとにキツかったんです。

寝起きだと普通疲れもとれてすっきりしてるはずなんですが、ぼくの場合起きるともうすでに目が疲れてるというか、しんどいというか、痛いというか、ほんとこれらの感覚が混じり合ったような不快感。これが寝起きですでにある状態です。1日中。わけわかんないでしょ。。

病院にいって血液検査とかしてもらっても特に異常無し。どうしようかと悩んでたときに石原先生の本を見つけてもう速攻で始めました。

で、今にいたるわけですが、目の痛みは結構早いうち、2、3ヶ月かな、もっと早かったかもしれない、でもそのぐらいで治りました。

それから飲みつづけているうちに小さな不快な症状も治っていって。ある時、ふと気づいて、あれっ、そういや治ってるね、みたいな。

でもそれらは結構経ってからですね。短期間でよくなるものもあればもっと長く続けることでよくなってくるものもある。長く続けることの大事さも身をもって感じました。3ヶ月や半年ぐらいではわからないものもあるということですね。

今も続けられてるのは、その効果を実感してるからです。

「体を浄化する毒出し断食」では、本格的に断食することでのさまざまな効果が紹介されてますが、脳の回転が良くなるとか、睡眠時間が短くてすむとかはまだそんなに実感としてはないので、本格的な断食にもちょっと興味がありますね。

もちろん本格的に断食をするならプロの指導のもとでやらないといけません。断食する前後の日の食事もかなり大事ですからね。本書には家庭でできるプチ断食の方法も紹介されてます。

私は、確信を持って次のように言う。「食こそ、人間が最も慎重に対処しなければならないものである。」

多少でも断食の効果を実感してるだけに著者のこの言葉はとても共感できます。

体を浄化する毒出し断食
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。