話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本独自の機能が備わってきたスマートフォン
2010年10月26日 (火) | 編集 |
スマートフォンは2台持ちが常識とされていました。それはスマートフォンには日本独自の携帯電話機能が備わってなかったから。

日本の携帯電話はガラパコス携帯ともいわれ、海外では受け入れられない日本独自の進化を遂げて、さまざまな機能がついた携帯になってます。とはいえ、海外では通用しないとってもぼくら日本人にとってはすべての機能はなかなか使いきれないもののやはり便利なものもたくさんあります。

おサイフケータイだったり、赤外線通信だったり、ワンセグだったり、ケータイメールだったり。

スマートフォンではこれらの機能はもともと備わっていなかったんですね。日本でスマートフォンを発売している海外メーカーがグローバルに展開している機種というのものあるのでしょう。

でも最近では、そんな日本独自の携帯機能がさまざまなスマートフォンに搭載されてきています。

iPhoneやXperia、最近発表されたauのISシリーズなど、現在はほとんどのスマートフォンでケータイメールは使えるようです。ただドコモの場合、「spモード」というのを契約することでiモードメールが使えるようですが、無線LANを利用してる時には受信通知を受けるだけしかできず、メールの送受信を行うには無線LANを切断して行わなければいけないようです。

また、ドコモのLXNXやauのIS01はワンセグ機能が付いてます。これらはスマートブックと呼ばれるジャンルだそうですが、5インチの横長ディスプレイはテレビ番組も見やすそう。

そしてauのIS03にはおサイフケータイの機能も付いてます。新たに発表されたIS04やIS05などにもおサイフケータイや赤外線機能などが付いてるようです。

日本のスマートフォン市場ではドコモやソフトバンクに遅れをとっていたauですが、ここにきて次々と新モデルを発売、発表し、ガラパコス携帯と言われる日本独自の機能をスマートフォンにどんどん盛り込んでいます。その点では一歩先を行ってますね。

ケータイメールはもちろんのこと、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信を使っている人も多いでしょうから、2台持ちをためらっていたユーザーもスマートフォンにより興味をもつ人が増えてくるのではないでしょうか。

ぼくがまさにそうなので。。しかもauユーザーですから。

1台で、携帯、スマートフォンの両方の機能を楽しめるのであれば次の機種変ではスマートフォンが候補に入ってきそうです。。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。