話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作の電子書籍を簡単に作れて販売できる「パブー」
2010年11月19日 (金) | 編集 |
2010年6月オープンのサイト「パブー」。

ブログを書くような感覚で、web上で電子書籍を作ることが出来るそうです。自分の本が簡単に作れるわけですね。

一般の人や人気ブログのユーザー、プロの作家も参加しているといいます。例えばプロは書籍にはしにくいような短篇や絶版本を販売しているとか。

無料の作品もあれば、数十円、100円や300円、3000円など価格もいろいろ。有料で販売する場合、面倒な手続きも不要で、自分は販売価格を設定するだけ。10円から3000円までの間で決められるそうです。印税は書籍が売れた場合、パブー側が30%の手数料を取って、残りの70%が著者の印税として支払われるそうです。

ITジャーナリスト佐々木俊尚さんもパブーで本を販売されてますね。人気メルマガのアーカイブ作品も電子書籍になってるようです。

小説や漫画、写真集などいろいろ作れるようです。

ipadやアマゾンのキンドルもで読める、電子書籍のファイルフォーマット規格にも変換できるそうなので便利ですね。

一般の人が普通に書籍を発売しようと思えば、決してハードルは低くないですし、自費出版ともなればお金も結構かかります。パブーは誰でも簡単に書籍を作ることができ、しかも費用をかけずにネット上に広く公開し、お金を稼ぐ仕組みも提供してくれます。

もちろん、人気がでるためには中身が重要ですが、今は電子書籍の波が日本にもきているようですし、今後ますます注目されるサービスになりそうですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。