話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話の”SIMロック”って何?
2010年11月24日 (水) | 編集 |
日本の経緯帯電のほとんどは「SIMロック」というのがかかってる状態だそうです。

携帯電話には音声通話やネット通信などの接続利用に必要な情報が記録されている”ICカード”が挿入されています。これは「SIMカード」とも言うそうですが、規格上では、そのSIMカードを取り外して、例えば他のキャリアの携帯端末などに差し替えても使えるといいます。

でも、日本の携帯電話は基本的にそれができないようになっているそうです。携帯端末とICカードの組み合わせが決まっているわけですね。ドコモの携帯電話に挿入されているSIMカードを取り外して、ソフトバンクの携帯電話に差し込んでも使えないと。

海外ではこのSIMロックが解除された”SIMロックフリー”の携帯電話が多く売られていて、例えばイタリアやデンマーク、フランスなどでは一定期間が過ぎるとSIMロックを解除するように義務付けられている国もあります。

海外ではSIMロックフリーが主流になっているようで、日本でもそれに合わせてでしょうか、2010年6月に総務省からSIMロック解除に関するガイドラインが発表されました。SIMロック解除の強制ではないようですが、来年度以降に発売する携帯端末でできるものからSIMロックフリーを実施しましょう、みたいな感じなのでしょうかね。

日本通信株式会社は「talking b-microSIM プラチナサービス」というNTTドコモの回線を利用するサービスを提供しています。SIMフリー版のiPhone4で使えるサービスですね。データ通信定額使い放題で音声通話21円/30秒で6260円。約1000円分の無料通話付き。

だだ、SIMロックフリーのiPhoneを手に入れるには、輸入業者などから端末を手に入れないといけないんですね。例えば、香港でもSIMロックフリーのiPhoneが売られているそうですが、本体価格は6万円弱。7、8万で売られていることもあるそうです。

その上、ソフトバンクのiPhoneでは受けられていた端末の割引などを考えると、結構高価になるかも。6260円ってのもちょっと高い気がするし。。

ドコモの回線なので、田舎などではまだまだ電波状況がよくないソフトバンクと比べると、通信エリアが広がるというメリットもあるわけですが。ちょっと今は考えられないかな。。

SIMロックフリーのユーザー側のメリットとしては、競争が激しくなって、料金プランなどの価格競争がおきるなんて話もありますが、「携帯4万円値上がり? 「SIMロック」解除のメリット強調も…」や「えっ! SIMロック解除でもユーザーにはメリット無し?」みたいな意見もあります。

個人的には、SIMロックという状態に不便を感じたことはないですし、SIMカードも取り外したことはないです。本体価格が安いのはありがたいなぐらいに思ったり。

日本でもSIMロック解除の流れがきそうな感じですが、ぜひともユーザーにとってより使いやすい、負担の大きくならない方向にいってほしいものですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。