話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンボール・天下一武道会
2010年11月28日 (日) | 編集 |
朝やってるドラゴンボール改を観ました。完全体となったセルが10日後に天下一武道会を開くことを宣言。

トランクスやベジータは屈辱を味わってしまったわけですが、とりあえずみんなカプセルコーポレーションへ。人造人間16号も出場を志願し、トランクスがこばむなかクリリンが救いの手を差し延べ連れていきます。優しいですね、クリリンは。。

トランクスのおばあちゃんでもあるブルマのお母さんがお茶をもてなしたりするなか、天下一武道会とはなんぞやというのを武天老師とも言われていた武術の達人・亀仙人が説明。

第21回が悟空が初めて出場した大会だったんですね。その当時から悟空やクリリンは群を抜いた強さだったのですが、このまま優勝しては天狗になってしまうみたいなことで、愛弟子のために上には上がいるということを分からせるため、亀仙人がジャッキー・チュンというキャラに扮して出場。

準決勝ではクリリンを破り、決勝戦では予想外の悟空の強さに苦戦しながらも優勝。でも確か優勝賞金はほとんど悟空の食事に消えてしまったんですよね。。

次の22回大会は天津飯と餃子が出場。鶴仙人っていう亀仙人のライバル的なじいさんがこの2人の師匠だったわけですが、悪に徹しきれない天津飯らを見かねて、亀仙人がかめはめ波で鶴仙人を吹き飛ばしたんでしたかね。

そして、決勝で悟空と天津飯が正々堂々と戦ったわけですが、激戦の末天津飯が勝利。またもや悟空は優勝できずじまい。

で、悟空が念願の初優勝を果たしたのが、次の23回大会。当時マジュニアと名乗っていたピッコロと決勝を戦い勝利。頭からピッコロに突っ込んで、場外に飛ばされて勝利。大会の最中にチチと結婚するというおめでたいハプニングもありました。

とまあ、簡単に回想していましたが、懐かしいドラゴンボールの歴史ですね。悟空が大きくなってからの活躍ももちろん面白いのですが、個人的には小さな姿で大きな敵をバンバンとなぎ倒していく悟空のほうが好きかも。

ブルマやウーロンとの冒険やクリリンとの修行の日々。レッドリボン軍を一人で壊滅させちゃった話は読んでてほんと爽快でした。人造人間のハッチャンとか超懐かしい。

天下一武道会の回想見てたら、また一からドラゴンボールが読みたくなってきました。。昔は全巻持ってたんですけどね、どっかいっちゃった。。また集めようかな。というか大人買いで一気に全巻いってみますか。。


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/26(木) 15:23:47 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。