話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイボス茶を使った手作り育毛水
2011年01月12日 (水) | 編集 |
この頃抜け毛がちょっと気になってきてます。育毛・発毛に効果のありそうなシャンプーや洗髪方法にも気をつかっていますが、育毛剤にもちょっと興味があります。

ただ市販の育毛剤の価格って高いですよね。手が届かないってほどではないですが、もうちょっと安ければなあなんて思うことも。

とか思ったりしていたらこんな本を古本屋さんで見つけました↓。

みかんの皮やイチョウ、マイタケ、アロエなどを、ざまざまな素材を使ってキッチンで簡単に育毛水を作る方法が紹介されてます。

それら手作り育毛水を使用して髪の毛が生えたとか、抜け毛が減った、白髪が黒くなったなどの体験談もたくさん載っています。

個人的に気になったのが、ルイボス茶で作った育毛水。ルイボスというのは、「アスパラサス・リネアリス」という南アフリカ原産の植物の葉っぱや枝などを発酵させて作ったお茶。

南アフリカの灼熱の日差しを浴びて育ったアスパラサス・リネアリスは、その紫外線の害から身を守るために強い抗酸化力を持つようになったんだそうです。

そのため、抗酸化物質の種類が豊富。ルイボス茶を飲んで、糖尿病や便秘、白内障などが改善された例もあるのだとか。

また、ルイボス茶はミネラルが豊富で、そのミネラルのバランスが原始の海のミネラルバランスの率とよく似ているそうです。原始の海は生命を生み出すのに必要なミネラルがバランス良く含まれているといいます。

そのため、ルイボス茶を使うことで細胞が活性化されて頭皮の血流もよくなり、髪の毛にも栄養がしっかり行き渡るようになるというわけですね。

材料もルイボス茶とグリセリン、精製水(ミネラルウォーターでも可)だけですから簡単。何より安いですし。

ちょっと挑戦してみようかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。