話題、流行情報を発信してます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖質制限食でダイエット
2011年06月11日 (土) | 編集 |
ダイエットや糖尿病対策の食事法として、「糖質制限食」というのがあります。

その名のとおり、毎日の食事の中で糖質を多く含む食物を極力減らすというのも。白砂糖はもちろん、主食として食べているご飯やパン、麺類、小麦粉などの穀物系、さつまいもやジャガイモなどもでんぷん(糖質)が主成分なのでなるべく避ける。

果物も少々ならいいけど、たくさんはダメ、とのこと。

ご飯などの炭水化物やいも系のでんぷんも体内で吸収されると、糖質の最小単位である「ブドウ糖」に分解されて、腸管から吸収され血液に入っていきます。あとは、お菓子やインスタント食品、清涼飲料水などにも小麦粉や砂糖がたっぷり使われているものも多いといいますね。

考えてみると現代人は、自分で意識はしていなくでも、実はかなりの糖質を取っているといえます。

京都の名医がおしえる「やせる食べ方」 ―美食で満腹ダイエット
京都の名医がおしえる「やせる食べ方」 ―美食で満腹ダイエット

なぜ糖質を減らすのがいいのか
まず、炭水化物やでんぷんなどの糖質は体内の消化酵素でブドウ糖まで分解されて血液に吸収されます。すると血液中の糖の量が増えます。血糖値が上がるわけですね。

血糖値が上昇すると、すい臓のランゲルハンス島というところのβ細胞から「インスリン」というホルモンが分泌されます。これは血液中のブドウ糖を各細胞に渡す役割を果たします。同時に血糖値も下げます。細胞はこのブドウ糖を使ってエネルギーを作り出すわけです。

そして、ブドウ糖を必要以上に取ると、ブドウ糖が足りなくったときの非常用として、肝臓や筋肉に「グリコーゲン」という糖質にして貯めます。ただ、グリコーゲンとして蓄えられる量は約1日分ぐらいなので、それ以上に余れば、今度は中性脂肪として、脂肪細胞に取り込まれます。

インスリンがたくさんでるのは糖質を取ったときだけだそうです。なので、糖質を多く取るほど、インスリンもたくさん出てきて、せっせと脂肪として蓄えていくわけです。そのような作用からインスリンは「肥満ホルモン」とも言われます。

体内でブドウ糖を作り出す
「京都の名医がおしえる「やせる食べ方」 ―美食で満腹ダイエット」によると、食事の栄養をエネルギーとして使う道筋は二通りあるといいます。

ブドウ糖と脂肪酸です。

ブドウ糖は脳にとっても唯一のエネルギー源といわれ、脳を働かせるために朝食もごはんをしっかり食べましょうなどと言われます。(脳はケトン体という物質もエネルギーとして使えるそうです。)しかし、ブドウ糖は体内で作られるといいます。

体内でアミノ酸やグリセロール(中性脂肪が分解されると脂肪酸とグリセロールができます。)からブドウ糖が作られることを「糖新生」といいます。

糖質を外からたくさん取っていると、糖新生はあまりおこりません。糖質を制限すると糖新生が活発になります。

そして大事なのはこの糖新生はエネルギーを多く使うということ。これで消費カロリーが高まるわけです。しかも糖質を外からあまり取っていないので、脂肪が付かない。むしろ足りないブドウ糖を内臓脂肪に溜まっている中性脂肪を分解することで作り出すわけですから痩せやすい体になってるんですね。

断食に似た効果も
「京都の名医がおしえる「やせる食べ方」の著者は、この糖質制限食は断食と同じ効果も期待できるといいます。

エネルギーとして使えるのはブドウ糖と脂肪酸の二通りあるといいましたが、糖質制限食にすることで、脂肪酸をうまく使える体になるといいます。糖質ばかりたくさん取っていると、脂肪酸をエネルギーとして使うのがあまり上手くないようで、ブドウ糖ばかり使って脂肪も溜め込みやすい体に。

糖質制限して脂肪酸がうまく使えるようになるとやせやすくなるようです。

断食でも食を絶つわけですから、ブドウ糖の外から吸収もなくなります。そうなると、体は蓄えられている脂肪を分解して脂肪酸をエネルギーとして使います。これでエネルギーの切り替えができるんですね。

ただ断食は、1日ぐらいなら自分だけでもできますが、それ以上になるとやはりプロの指導の元で断食療養所などに行って行わないと危険も伴います。

その点、糖質制限食はしっかり栄養も取れます。

「糖質中毒」というものがあるそうで、普段から糖質を多くとる食生活をしていると、それを極端に減らした場合。最初のうちは精神的に不安定にあることもあるとのこと。

これは一時的なことで、個人差はあるでしょうが数日で安定するそうです。

断食や少食生活でも、最初は脱力感があったりというようなことがありますから、その辺でも似ていますね。僕も朝だけ断食を長く続けていますが、最初のうちは午前中体がだるかったりしました。でも、ある程度の期間が経つとすっかりよくなり、むしろ朝食を取る前よりもすっきりしています。

この糖質制限食もそれらにちょっと似たような雰囲気を感じますので、ちょっと興味があります。朝だけ断食をしていても、昼食と夕食を結構がっつり食べたりしているので、お腹がぽっこりしているんです。

いろいろな健康法、ダイエット法があって、人によってそれぞれ合うものは違ったりすると思いますが、僕的にはこの糖質制限食がちょっと興味があるので、とりあえず今日から始めてみます。。

京都の名医がおしえる「やせる食べ方」 ―美食で満腹ダイエット
京都の名医がおしえる「やせる食べ方」 ―美食で満腹ダイエット

糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食
糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/29(日) 18:26:17 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。