話題、流行情報を発信してます
ワンピース全巻を大人買いして、また1巻から一気読みしようかな
2012年12月01日 (土) | 編集 |
(仮)超ワンピーススタイリング FILM Z special 2nd 8個入 BOX (食玩)

「ワンピース」人気ですね。あいかわらず。

ドコモからは、今年の冬モデルとして、ワンピースコラボスマートフォン「docomo with series N-02E ONE PIECE」も発売されます。

↓詳しくはこちら
http://www.nttdocomo.co.jp/product/2012_winter_feature/lineup/n02e_onepiece.html

12月15日には劇場版最新作「ONEPIECE FILM Z」が放映されるそうで、セブンイレブンでもキャンペーンをやっていたりしてかなり盛り上がってきています。あまり劇場には足を運ばない僕ですが、今回は映画館で見てみたいという思いが強いです。だってめっちゃ面白そうだし。

ワンピース最新映画「ONEPIECE FILM Z ワンピースフィルム」公式サイト

以前にはNHKの「クローズアップ現代」でも取り上げられていました。これだけもワンピースの人気のすごさがわかりますよね。

そういえば、大阪でもワンピース展が始まっていますね。一度いってみたいと思っているのですが。

僕は連載当時のころから、ジャンプや単行本を買って読んでいましたが、今思えば、「あんなに昔に連載されてた作品が、今でも、というか今では爆発的な、国民的な人気漫画になっているなんて」的な驚きを隠せないわけです。

とはいっても、単行本は30巻ぐらいまでは集めてたんですが、その当時にちょっとお金がなくて、つい「買い取り」してもらっちゃったんです。

当時も1冊200円ぐらいで売れましたから、まあいい値にはなったんですが、今思えば、あのままこつこつと全部集めていってればよかったなあ、とも思っています。

少年ジャンプはだいたい毎週購入して読んでます。面白くなってきてますね。もちろん、ジャンプ読んでない人もいると思うので、ネタバレはしませんが。

というか、久しぶりにまた1巻から読み直したいし、どうせなら全巻まとめて購入しようかとも考えています。

今はネットで漫画を全巻買えるサイトがいろいろとありますからね。

リアル書店では、もしも全巻揃っていても車でもなければ持ち帰るのにはしんどいですし、全巻揃ってなくて歯抜けになっている場合もあります。

ネットで注文して、玄関まで「ドンッ!」と配送してもらえれば、これは便利便利。

一気読みしたほうがより感情移入できて面白いと思いますしね。


泣いたり笑えたり複線いっぱいだったり
ワンピースほんと面白いです。

・泣けたり感動できたり
・笑えたり
・複線があったり

など、楽しめる要素がたっぷりあります。名言も多いです。 いろいろな種類がある「悪魔の実シリーズ」も物語を盛り上げている要素のひとつですよね。



泣ける場面、感動できる場面もいろいろありますよね。

ほんといろいろありますが、個人的には「アーロンパーク編」。

一度はルフィを裏切ってしまったナミ。それでも「おれはあいつが航海士じゃなきゃいやだ!!!」ってことで追いかけてくるわけですが、それでもナミはルフィたちを避けようとする。

でも、ナミが実はアーロンにいいように使われていた事実を知り、ナミももう行き詰まってしまい、最後の最後で「ルフィ…助けて」とルフィに助けを求めます。

で、「当たり前だあああー!!!!!!」と叫ぶ。シャンクスからもらった大事な宝物である「麦わら帽子」をナミにぽんとかぶせて。

一遍も疑うことなく、ナミをいつでも助けられる準備をしていたルフィ、とその仲間たち。

この場面はほんと泣けます。何度見ても。また次も泣くでしょう。ハンカチ必須です。もうこの場面にくる少し前から、読んでる僕自身もかなり高ぶっていますからね。。

↓いまではこんなに立派に..
モーションパズル ワンピース 117ピース ナミ ―お宝一杯! MP-03

そんな泣けるシーンもたくさんありーの、その一方で笑いもふんだんに盛り込まれています。

戦闘中でも、結構笑いがあります。

緊迫して張り詰めた場面の合間にちょこちょこと。これがいい緩和剤にもなっていてより楽しめるのかなあと思ったりもしてます。

あとは、伏線ですね。

これはほんとにいろいろあります。

あんな最初のほうの巻で言っていたことが、今ここでつながるのか、みたいな。それに気づいたときにちょっとうれしくなったもします。

「ワンピースの謎を解明する」的な書籍もたくさん販売されていて、僕も時々コンビニとかで購入するのですが、みんなかなり深い考察とかをされていてすごいなあとも思ったり、そしてそれだけ深い考察をされるだけの魅力をワンピースという漫画は持っているのだなあとも感じています。

ほんと楽しめる要素がいっぱいです。


また、ワンピースってイケメンなキャラクターが少ないですよね。

ブリーチやテニスの王子様とかは、スタイリッシュなキャラが勢ぞろいしてて、イケメン率も高め。

でもワンピースは、変わったきゃらが多い。というか化け物じみたキャラが多いですよね。麦わら海賊団の中にも「ガイコツ」や「人造人間」、「しゃべるトナカイ」「長っ鼻」などいろいろいますけど。。

そんななかで、数少ないイケメンキャラのサンジ(まあサンジの眉毛は普通ではありませんが。。)やゾロのかっこよさが際立っています。これがまたいいんでしょうね。この二人は覇気も使えますしね。

↓フードスタイリストの飯島奈美さんが料理監修
ONE PIECE PIRATE RECIPES 海の一流料理人 サンジの満腹ごはん
SANJI
集英社 (2012-11-28)
売り上げランキング: 19


最近、ヴェルゴによって帽子が脱げて素顔が明らかになったトラファルガー・ローもイケメンです。いや、まじかっこよかった。まあかっこいいんだろとは思っていましたが、帽子かぶってるときは、なんか目の下にくまがあるようにも見えたりして、ちょっと暗いイメージもあったのですが、帽子が脱げてもっとファンになった。たぶん、そういう人おおいでしょう。

ローが今後、ルフィたちとどのように絡んでいくのか、かなり気になります。

とまあ、ワンピースについて好き勝手に書いてみましたが、自分で書いているうちにまた読みたくなってきた。。

「ワンピース人気あるのは知ってるけどまだ読んでねえ、でもなんか気になる」ってな人は、ぜひ全巻購入して一気読みしてみることをお勧めします。

すでに60巻を超えて、70巻に迫ろうという勢いです。最終回はまだまだっぽいですし、もっともっと巻数も増えそうです。今のうちから読んでおいたほうがいいかも。。

もちろん好き嫌いはあるでしょうけど、ハマルひとはめっちゃハマルかと思います。

ワンピース全巻買うなら、「漫画全巻ドットコム」がいいかもしれません。

いろいろな漫画の全巻を購入できますし、今話題の「電子書籍」のサービスも始めています。

ワンピース ONE PIECE (1-68巻 最新刊)


・電子書籍版ワンピースはこちら
電子書籍版ワンピース ONE PIECE (1-68巻 最新刊)


電子書籍のほうが安いですね。まあどっちをよしとするかは好みによります。僕は電子書籍も興味はあるのですが、やっぱり紙の本をペラペラとめくっていって、時には紙のにおいを感じながら読んでいくスタイルがまだまだ好きですで紙の本にしようと思ってます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック