話題、流行情報を発信してます
「jins pc」メガネをかけてみると思った以上に軽かった!
2017年05月30日 (火) | 編集 |
パソコンなどの影響モニターから発せられる青い光(ブルーライト)をある程度防いでくれる、いうことで話題の「jins pc」。

これを使うことで、パソコン作業も少し楽になった、目の疲れが軽減された、と感じる人が結構いるようです。

メガネをかけている人の悩みは鼻や耳が痛いこと。
ただ、普段メガネをかけていない人は、最初にメガネをかけると結構違和感を感じたりします。

鼻あての部分が鼻に当たって痛いとか、耳が痛いとか。

僕もそうでしたし、いまだに慣れません。

鼻に赤い跡が残るのもいやです。

僕の場合、ティッシュを小さくちぎって、それを鼻パッドが当たる部分にちょうど合うように小さくたたんで、パッドと鼻の間にはさんで、というような対策をしています。

めんどくさいですし、小さいティッシュの残骸がそこらじゅうに散らばっていますけどね。。

まあ、それでもそれぐらい長年メガネをかけていても違和感を感じるし、鼻の痛みが結構つらい。これが目の痛みみたいなものにまで発展してくることもありますしね。

「鼻パッドのないめがね」っていうのもあるそうですが、ちょっとお値段的にも高そうで無理っぽい。


jins pcはそんなに痛くない
僕はまだ、「jins pc」は持ってはいませんが、近所に専門店があるので、そこで展示されているメガネをかけてみたことがあります。

もともと視力が悪くてめがねをかけている上で「度なし」をかけたので、当然視界はぼやけますが、かけてすぐに感じたのは「軽い」ということ。

メガネの存在感がなくなるほど、とはいいませんが、それでも自分が今使用しているめがねよりもずいぶん軽い。その軽さがやけに心地よくて、しばらくかけていました。

「エアフレーム」っていうんですかね。

僕的には、その軽さがちょっと衝撃的だったんです。

自分はどんだけ重いめがねを普段使っているのかと。これでは、鼻も痛いし、跡も付くし、耳も痛くなるわと。

僕は1日8時間ぐらいはパソコン作業をしている身でありまして、もともと「jins pc」には、「目の疲れを軽減する」という期待を抱いているわけですが、実際にかけてみると、もうひとつ「軽い」という新たな発見ができたわけです。

これなら、普段メガネをかけていなくて、なおかつ、パソコンやスマートフォンなどの液晶モニターと長時間向き合っている人たちにも、「メガネの違和感」をあまり感じずにかけられるんじゃないかと思いましたね。

まあ、もちろんそういったこともはなから考えて作られてはいたんでしょうけね。。

「軽量メガネ」欲しくなってきた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック